Back to home
Ametek
 

障害電圧 (RF E)

 

メインズポート

ラインインピーダンス安定化ネットワーク (LISN, またはCISPR 16-1-2ではAMN (artificial mains network)は電気的機器、試験装置またはCISPR 16-2-1 (EN 55016-2-1)規定アプリケーションの電源コード上の障害信号の測定に使用されます。これら信号はEUT(供試機器)の内部回路より発生し、同じまたは近くにある電源に接続されている他の機器に問題が生じることがあります。規格の定義通り主電源上の障害信号を測定するにはEUTと測定レシーバなどの測定機器の結合にラインインピーダンス安定化ネットワークを使用する必要があります

Measuring setup for telecommunication port with ISN (AAN)

通信ポート 非シールドツイストペア向け ISN (AAN)付け

インピーダンス安定化ネットワーク (ISNまたはCISPR 16-1-2ではAAN: asymmetric artificial network)はCISPR 22及びCISPR 32で要求されている情報技術機器 (ITE)上の伝導コモンモード障害の測定に使用されます。
供試機器 (EUT)と補助機器またはEUTの駆動に必要な負荷の間にISNを設置します。ISNは測定中、EUTの通信ポートのコモンモード終端インピーダンスを確立し、接続されたラインの非対称抵抗(縦方向変換損)をエミュレートします。ラインカテゴリ、線、ピン配線に合わせた各種ISNを取り揃えています。

Measuring setup for telecommunication port with ISN (AAN)

通信ポート シールド線向けISN (AAN)

同軸及びCISPR 16-1-2にて定義されているスクリーンケーブル向け疑似回路網はCISPR 22、CISPR 32の要求にある情報テクノロジー機器(ITE)の伝導コモンモード障害の測定に必要となります。

供試機器 (EUT)と補助機器またはEUTの駆動に必要な負荷の間にISNを設置します。ISNは測定中、EUTの通信ポートのコモンモード終端インピーダンスを確立します。

Measuring setup for telecommunication port with ISN (AAN)

その他ライン向け通信ポート

4以上の平衡ペアまたは非平衡ラインの通信ポートの測定を行う際にはCISPR 22 (EN 55022) appendix C.1.3. (Using a combination of current probe and capacitive voltage probe)に基づき測定します。
容量性電圧プローブ (CVP)は容量性結合原理を持つケーブル上の非対称障害の測定に開発されました。試験ケーブル("in-situ")の接続を外しことなく測定できるので、転送からの影響を回避することができます。容量性電圧プローブ及び電流センサープローブはCISPR 16-1-2にて定義されています。

Measuring setup for telecommunication port with ISN (AAN)

CDN 方式

CISPR 15は照明器具の無線干渉特性の独立型測定方法を定義しています。 この方法ではIEC 61000-4-6の周波数帯域30 MHz ~ 300 MHzのエミッション測定に定義されている結合/減結合ネットワーク(CDN)を使用します。
CISPR 16シリーズに改善されたネットワークデザイン及び測定方法が取り入れられる予定です。名称はCDNEになります。電気的小型供試品(1また2本の接続ケーブル付き)の周波数帯域30 MH ~ 300 MHzの伝導障害の測定用にデザインされています。さらに、CDNEはインピーダンスの安定化、非対称障害の減結合をするために供試品に接続されている補助機器(AE)としても使用することができます。 

Measuring setup for telecommunication port with ISN (AAN)

グリッド接続パワーコンディショナー(GCPC)上DCポート

DC-LISNは周波数帯域150 kHz ~ 30 MHzまでのDC電源ポート上障害の測定用にデザインされました。CISPR 16-1-2にて定義されている典型的な疑似メインVネットワークは太陽光インバーターのDCポート上にある非対称障害の解析に使用できないという研究結果が発表されています。IEC/EN 61000-4-6に基づくCDNは高コモンモード電流及びディファレンシャルモード障害に指定されていません。また、150 kHz以下では未定義になります。DC-LISNはコモンモードインピーダンス150 Ω及びディファレンシャルモードインピーダンス100 Ω で強化されたLISN性能を発揮します。スイッチの位置によりLISNはV、Yまたはデルタ形LISNとして使用できます。さらにDC-LISNは周波数帯域1 kHz ~ 150 kHzでは確定終端インピーダンスをご提供します。

DC port of Grid Connected Power Conditioners (GCPC)
 
  • 製品

    製品説明

     
  • ATNシリーズ

    ATNシリーズ

    6 dB - 50 Ω減衰器は汎用使用の他、IEC/EN 61000-4-6に基づく試験の反射減衰を最小に抑えます。

  • CDN AFシリーズ

    CDN AFシリーズ

    CDN AF シリーズ

  • CDN M シリーズ

    CDN M シリーズ

    CDN M シリーズ

  • CDN S シリーズ

    CDN S シリーズ

    CDN S シリーズ

  • CDNE シリーズ

    CDNE シリーズ

    CDNE シリーズ

  • Compliance 5 エミッション

    Compliance 5 エミッション

    Compliance 5 はRFエミッション/イミュニティ試験をより早く、効率よく、適合、正確さらにシンプルに行うために開発されたEMCラボラトリ制御ソフトウェアです。

  • EmiPak 5

    EmiPak 5

    Emipak 5はマスト・ターンテーブルを使用しない簡単なRFエミッションプレコンプライアンス試験用ソフトウェアです。

  • CFL 9206

    CFL 9206

    CFL 9206は伝導エミッション試験中に高レベルトランジェントにより測定機器の入力回路に起こるダメージの防止に使用されます。

  • GTEM 5 エミッション

    GTEM 5 エミッション

    GTEM 5E1はGTEMセルでのRFエミッション試験用ソフトウェアです。

  • HV-AN 150

    HV-AN 150

    疑似回路網 HV-AN 150は複数の自動車、航空機、MILアプリケーション及び規格に適合しています。高電流及び高電圧EUTに対して適切なソリューションをご提供します。

  • ISN PLT-A

    ISN PLT-A

    ISN PLTは一つのポートを電力供給と通信(PLTポート)として使用するPLT機器の測定用ISNです

  • ISN S シリーズ

    ISN S シリーズ

    ISN Sシリーズは同軸通信線の測定向けISNです。

  • ISN T2

    ISN T2

    ISN T2はCat 3及びCat 5の非スクリーン平衡ペアの測定向けISNです。

  • ISN T4

    ISN T4

    ISN T4はCat. 3及びCat. 5の1または2つの非スクリーン平衡ペアの測定向けISNです。

  • ISN T8-Cat6

    ISN T8-Cat6

    ISN T8-Cat6はケーブルカテゴリCat.6の4つまでの非スクリーンシングル平衡ペアの測定用に設計されています。

  • ISN T8

    ISN T8

    ISN T8はケーブルCat. .3及び Cat. 5の4つまでの非スクリーン平衡ペアの測定用に設計されています。

  • NNB 51

    NNB 51

    NNB 51、ラインインピーダンス安定化ネットワーク (LISN)は被試験機器の電源コード上の障害信号の測定に使用されます。

  • NNB 52

    NNB 52

    NNB 52、ラインインピーダンス安定化ネットワーク (LISN)は被試験機器の電源コード上の障害信号の測定に使用されます。

 
 
 

インプレスィウム

Teseq AG
Sternenhofstrasse 15
4153 Reinach
Switzerland

T +41 32 681 40 40
F +41 32 681 40 48
chinfo.teseq@ametek.com

Teseq Newsletter