Back to home
Ametek
 

自動車イミュニティ試験用一体型トランジェントシステムに8チャンネル任意波形発生器が追加されました

23.03.2015

テセックは新しく自動車試験用8チャンネル任意波形発生器を発表しました。ARB 5500はトランジェント発生器内に収まり、64,000以上の規格波形セグメント及びユーザ定義形状保存用クローンメモリ機能(1 GB)を搭載しています。数千時間のシミュレーションに対応するメモリ容量です。

ARB 5500 NSG 5500

新しいシステム及び既存NSG 5500ユニットのアップグレードに対応するARB 5500は全てのバッテリシミュレーション及び電力用磁気及び連続波形(リプル)シミュレーションなど高度な機能に必要なコントロールが可能です。

ARB 5500は説明に難しく、現実状況で発生する波形の再現をサポートします。全ての不可欠な波形は内蔵された波形形状またはClone™(特定ユーザまたは登録済み波形)を外部アプリケーションより取り込み作成することができます。


個別のトリガー出力とプログラム可電流リミットの他、ARB 5500は各チャンネルが16ビット出力及びステップレス操作の10 MS/sプレイバック機能をサポートしています。最新のAutostar 7 ソフトウェアと使用することにより高度なパラメータランプ機能でチャンネルを完璧に同期することができます。この直感的ソフトウェアはドラッグアンドドロッププログラムを搭載しているので、操作内容は画面表示通りです。全てのチャンネルはARB 5500に保存されている値と個別に校正されています。

新任意波形発生器にある全てのセグメントは独自のトリガー、高度平行可、相角及び最も複雑な規格要求対応したデゥーティーサイクルプログラミングをご提供します。

ARB 5500の出力電圧範囲は-10 V ~ +10 V、周波数範囲は絶縁出力含む500 kHzまでとなります。トランジェントモジュールと新ドロップアウトスイッチを追加することでほとんどの自動車試験ををシングル19インチ発生器で実施することができます。

技術使用

  • トランジェント発生器に内蔵型完全同期8チャンネルARB
  • 64,000セグメント以上のメモリ
  • 16-bit, ステップレス操作
  • ユーザ定義波形向けクローンメモリ1 GB
  • 出力電圧範 -10 V ~ +10 V
  • 500 KHzまでの周波数範囲
 
 
 

インプレスィウム

Teseq AG
Sternenhofstrasse 15
4153 Reinach
Switzerland

T +41 32 681 40 40
F +41 32 681 40 48
chinfo.teseq@ametek.com

Teseq Newsletter