Back to home
Ametek
 

ISN T8

非スクリーン平衡ペア向けインピーダンス安定化回路網 (ISN)

ISN T8zoom
  • 1、2、3または4つの非スクリーン平衡ペアと使用
  • CISPR 22/32 Figure D.3/G.3の回路図の例に基づく
  • ケーブルCat.3及び5と接続使用目的
  • 1000BaseT ・ PoEアプリケーション 
  • IEC/EN 61000-4-6 イミュニティ試験のCDNとして使用可能
 

インピーダンス安定化回路網 (ISN, またはCISPR 16-1-2ではAAN: 非対称疑似回路網)はCISPR 22とCISPR 32により定義されているIT機器の伝導コモンモード障害の測定に使用されます。 ISNは供試品(EUT)とEUTの操作に必要な補助機器(AE)または負荷の間に設置されます。ISNは測定中EUTの通信ポートでのコモンモード終端インピーダンスを 確立し、接続されたラインでの非対称貢献(長軸変換ロス,LCL)をエミュレートします。各ラインカテゴリ、ラインナンバー及びピン配線に対応した各種ISNをご用意しています。 


ISN T8は1~4つの非スクリーンシングル平衡ペアの測定向けに設計され、本体(ISN T800)、D sub 25コネクタ、特殊アダプタセットにより構成されています。使用されているケーブルカテゴリ (Cat. 3, Cat. 5)に関連するEUT側の長軸変換ロス (LCL)を実現するためのアダプタセット(LCLアダプタが二つとAE側の接続アダプタ)が含まれています。 ADS T800とADS T8x0のアダプタセットをご用意しています。ADS T800はT568Bに基づくEIA/TIA T568Aピン配線付きRJ 45ソケットと接続用になります。ADS T8x0は1mmバナナコネクタを通してRJ11/RJ45ピンコンビネーションに合わせたピン配線に変更することができます。

 
パラメータ
周波数範囲

150 kHz ~ 30 MHz

ラインパラメータ

1 ~ 4 ペア

定格電力 (EUT- / AEポート)

最大AC電圧 (ライン-グラウンド): 63 V
最大DC電圧 (ライン-グラウンド): 100 V
最大電流: 600 mA (ライン), 1200 mA (ペア)
試験電圧: 200 VDC, 2 sec

コモンインピーダンス (EUTポート) 150 kHz ~ 30 MHz

150 Ω ±20 Ω

相角 (EUTポート) 150 kHz ~ 30 MHz

0° ±20°

  • 関連アクセサリ

    製品説明

     
  • CAS ISN

    ISN T向け校正キット

  • FIX ISN

    ISN T2A, ISN T4A, ISN T8, ISN T8-Cat6 または CDN T8向け磁気器具

データシート

ギャラリー

 
 
 
 

インプレスィウム

AMETEK CTS
Sternenhofstrasse 15
4153 Reinach
Switzerland

T +41 61 204 41 11

chinfo.teseq@ametek.com

Teseq Newsletter